ymtetcの"アニメetc"ブログ

『宇宙戦艦ヤマト』以外の記録

私たちの卒業式:『のんのんびより のんすとっぷ』最終話

こんにちは。

テレビアニメ『のんのんびより のんすとっぷ』が最終話を迎えました。聞くところによると原作の最終回に準拠していたようで、アニメとしての『のんのんびより』も今回でグランドフィナーレなのかな、と思っています。

それにしても、最終話はとてもよくできていました。今日はそれについて考えていきたいと思います。

  • 〇『のんのんびより』からの卒業
  • 〇新しい日常の始まり
  • 〇続編の余地はあるのか
続きを読む

主題歌は「月がきれい」:アニメ『月がきれい』レビュー(終)

小太郎:あの……あれ、大会って。

茜:自己ベスト更新した!

小太郎:すげぇ! おめでとう。

茜:ありがとう。

小太郎:どうだったのかな、って。

茜:充電、切れて……。

小太郎:えー?(笑う)

茜:帰り、神社いるかなと思って……会えたし。

小太郎:……うん。

小太郎:(水面に映る月を見つめる)

茜:(安曇くんを見る)

茜(モノローグ):なんか、変なの。

小太郎(モノローグ):”I love you."を「月がきれいですね」と訳したのは、太宰治だっけ。夏目漱石だっけ。

小太郎:(水野さんの横顔を見つめる。黒髪が風に揺れている)

茜:(安曇くんの視線に気付き、顔を上げる)……あ。

小太郎:……あ。(顔を逸らす)

小太郎:……つき。

茜:え、月?(夜空を見上げる。満月の光が降り注いでいる)ほんと、月きれい。(笑みをこぼす)

小太郎:(水野さんの笑顔にときめいて)

小太郎:……つき、あって。

茜:えっ。

茜:(うまく言葉が出ない)

二人の間に風が吹く。

小太郎:(じっと水野さんを見つめる)

水面に満月が映る。

(テレビアニメ『月がきれい』第3話「月に吠える」)

こんにちは。アニメ『月がきれい』(2017年春、監督:岸誠二)のレビュー連載。定期更新としては、今回が最終回です。

最後は、主題歌を取り上げます。

本作の主題歌には、オープニングの「イマココ」とエンディングの「月がきれい」の二つがあります。いずれも文字通りの”主題”歌です。

特に、エンディングテーマの題名は「月がきれい」。アニメのタイトルがそのまま題名になっています。その歌詞がとてもいいなと思いましたので、今回はエンディング主題歌について、書いてみたいと思います。

続きを読む

最終話の二人を繋いだもの:アニメ『月がきれい』レビュー(5)

小太郎:次いつ会える?

茜:いつでもいいよ。

小太郎:会いに行っていい? 毎週行くから。

茜:(思いつめたように)うん。

(略)

小太郎:片道2時間? 始発で行く。長くいられる。今までと変わんないよ。LINEもあるし。

茜:(声が震え)けど……小太郎くんばっかり辛いのって……。

小太郎:へーきへーき。

茜:私も貯金あるよ?

小太郎:無理しなくてもいいって。

茜:そうじゃなくって!

茜:(うつむく)

小太郎(驚いて)茜、ちゃん……?

(略)

茜:(涙を流し)私、ずっと、不安で……不安で……小太郎くんに……迷惑ばっかりっ……それが、一番つらいっ……どうしたらいいの……? 

(略)

こんにちは。アニメ『月がきれい』(2017年春、監督:岸誠二)のレビュー第五回です。

前回の記事「茜が不安を抱えたワケ」では、最終話で茜が強い不安を抱えてしまっていたのは、人格形成過程で姉から獲得した「現実的」な考え方によるところが大きかった、ということを述べました。

一方、二人の将来を楽観していた小太郎は、どのようにして人格を形成してきたのでしょうか。

悪いことではありませんが、一人っ子で育った小太郎には、生活に根差し、その人生をもって生き方の手本を示してくれる、年の近い先人がいませんでした。そんな中、小太郎の人格を作り上げてきたものこそが、小説でした

  • 〇繰り返された「小説からの引用」
  • 〇茜と小太郎の違い
  • 〇なぜ二人は結ばれたのか
  • 〇序盤との対比
続きを読む

茜が不安を抱えたワケ:アニメ『月がきれい』レビュー(4)

こんにちは。

アニメ『月がきれい』(2017年春、監督:岸誠二)のレビュー第四回です。

今日は、本作の最終話「それから」をめぐって、水野茜と本作の”リアル”について考えてみます。

  • 〇茜が抱えた不安
  • 〇人格形成過程の違い
    • 〇ここまでのあらすじ
    • 〇「常識」のインストール
  • 〇『月がきれい』の”リアル”
続きを読む

ラストシーンへの納得:アニメ『月がきれい』レビュー(3)

こんにちは。

アニメ『月がきれい』(2017年春、監督:岸誠二)のレビュー第三回です。

前回の記事「流れる緊張感の正体:アニメ『月がきれい』レビュー(2)」では、安曇小太郎と水野茜の二人が別々のコミュニティに所属していたことによって、本作には切実さと緊張感が生まれた、そんな話をしました。今回はその延長線上で、本作の最終話についての話を展開していきたいと思います。

私が本作を観ていて最も衝撃を受けたのは、最終話の後に流れた特殊エンディングで描かれている、小太郎と茜の「二人の未来」です。

  • 〇『秒速』と真逆のラストシーン
  • 〇それぞれの”属性”
  • 〇揺るぎないものが”二人”を繋ぎ続ける
続きを読む

流れる緊張感の正体:アニメ『月がきれい』レビュー(2)

こんにちは。

アニメ『月がきれい』(2017年春、監督:岸誠二)のレビュー第二回です。

本作を観ていた際、私は以下のようなことをメモしていました。

いいアニメ。だけど、とても緊張感がある。

なぜ私は、「理想化された純愛」を描く『月がきれい』に、緊張感を覚えていたのでしょうか。

それを考えるのが、今回のメインテーマです。

  • 〇所属コミュニティの違い
  • 〇仲良くなるはずのない二人
  • 〇一時的なコミュニティの一致
  • 〇緊張感の正体
  • 〇「告白」をめぐって
  • 〇所属コミュニティの違いがもたらすもの
続きを読む

理想化された等身大の純愛:アニメ『月がきれい』レビュー(1)

こんにちは。ymtetcです。

今日から不定期で、テレビアニメ『月がきれい』(2017年春、監督:岸誠二)のレビューを書いていきます。

続きを読む